趣味を特技に!乗馬体験ビギナーを応援します
HOME >  私の乗馬体験レポート

私の乗馬体験レポート

友人と訪れた北海道旅行で、サラブレッドと初めて対面。競馬などで勝つことを目的とした競争馬だけあって、馬のフォルムや走る姿の美しさに感動しました。
動物好きの私としては、そこでふれあわない訳にはいきません(笑)。頭の高さが180cmもあるらしく、その大きさに少しおびえながらも触れてみました。以外にも馬は大人しく、目が優しくてかなり癒されました。それから数日、あの美しいサラブレッドのことが忘れることが出来ず…思い立ったら即、行動!の私はさっそく資料請求をしたり、電話で問い合わせてみることに。色々悩んだ結果、自宅から近くて設備が整っている「オリンピッククラブ」に行くことにしました。

練習場がとても広くて驚きました。馬は350頭以上もいるそうです。
せっかく行くのだから「体験」するのではなく「習い」に行きたい!そんな私が選択したのが基礎を学べる「2日間乗馬教室」コース。オリンピック選手を育てたトレーナー・スタッフがいるということで期待に胸が膨らんでいきます。

1日目。まず馬への接し方や基本動作、注意事項について学びます。その後、インストラターの方に見本をみせてもらい、付き添ってもらいながら乗馬・下馬の仕方を学びます。見ていると簡単そうだったのに、いざ自分が馬に乗ろうとすると背が高くて乗るのが大変だし、乗ったら胴が広くて脚を開くのがやっと。でもそんな事ではめげません。
初め、常歩という動作で馬に乗りながら進んだとき、揺れた時の振動が大きくて少し怖くなりました。しかし、進んだときの爽快感は、それを忘れてしまうほど。風が優しく横を通り過ぎて、あまりの楽しさに1人で笑ってしまいました。
隣の小学生もやっぱり笑顔で、お互い顔を見合わせて余計に浮かれてしまいました。
休憩中に施設を見学したあとは、再び乗馬・下馬・常歩の練習。乗ったときの楽しさが忘れられず、休憩中は頭の中でイメトレばかり。そのお陰か、2回目はすんなり乗ることが出来、うれしかったのを覚えています。

2日目。たまたまなのか、今日も昨日と同じお馬さんでした。馬は非常にデリケートと聞きますが、心なしか昨日よりも懐いてくれて、少しだけ距離が縮まったような気がしました。昨日のおさらいをしたあと、軽速歩の練習をしました。ちょっと速いだけなのに、スピードが全然違います。びっくりしましたが、集中してマスターすることだけを考えました。慣れてきたので心に余裕ができ、馬に乗りながらフサフサのたてがみを触ることがひそかな楽しみに(笑)。走ってみたい気持ちになりましたが、体験では走れないので、次の機会に取っておきます。
施設見学をその後にしたのですが、小屋に横一列に並んでいる馬は今にも走り出してレースを始めそうな雰囲気を感じました。やっぱり馬はかっこいい!乗馬体験をして、すっかり馬に魅せられてしまった2日間でした~。きっと何日も日を重ねれば、より馬とコミュニケーションが取れるようになるのだと思います。
乗馬ファッションもおしゃれで気に入ったし、次はそれを着ながら風を切って走れるようになる、という新たな目標が出来ました。