趣味を特技に!乗馬体験ビギナーを応援します
HOME >  はじめての乗馬講座 >  乗馬上達のコツ

乗馬上達のコツ

乗馬初心者が上達するためのコツについて説明しています。

乗馬上達のコツは姿勢から

乗馬をする上で重要なのが「姿勢を正す」ということです。

今よりレベルアップした、駈歩や馬場馬術、障害飛越などの動きが出来るようになるには基本の姿勢が非常に重要になってきます。

馬は、自分がどう動けばいいのかを判断するため、乗った人のちょっとした重心のズレや体重の移動を感じ取れるよう、日頃から調教されています。乗馬は、人が馬に乗れて初めて操縦することが出来るのです。
姿勢は、少し胸を張って背筋を伸ばします。前傾姿勢、後ろに倒れすぎないように気をつけて。上手くいかない時は、自分の姿勢が崩れていないかを確認してみましょう。

乗馬は、基本的に操作以外は馬が動きます。操作以前に乗った時から、馬が動きやすい状態を作ってあげないと動いてくれないことも。
馬は「ハミ」という金属を口の中に入れています。唇の脇は敏感な部分なので手綱(たづな)を強く、何回も引っ張らなくても十分に人の意思は伝わります。
馬は、たくさんの情報が伝わると混乱して分からなくなってしまう生き物。手綱を挟んでいる小指に、ちょっと力を加えるだけで良いのです。

馬が敏感に感じ取ってくれるからこそ、乗馬は子供から年配の方まで幅広く出来るスポーツなのです。

歩行のコツはバスケットボール?

速歩をした際、慣れないとやたら弾み、お尻が痛くなる正反動。しかし、私の場合は、慣れると軽速歩よりもこちらの方が操りやすかったです。
乗馬をマスターするには越えなければいけない壁。「鞍からお尻を離さないように乗る」のが基本なのですが、どうすれば良いのでしょうか。下記にまとめてみました。

・バスケットボールをイメージする。お尻が手で馬がボール。ドリブルするような感じで常歩する
・鞍から突き出る衝撃を、全身の力(特に肩)を抜くイメージで馬に乗る

イメージでは良く分からないと思う方は、バランスボールを使って実際に正反動の動きをマネして、普段から体に覚えさせるのもオススメ。
しかし、そうは言っても初めのうちは上手くいかず、バランスがあまり取れていないもの。原因は、上手く座れていなかったり、騎座が安定していないなどの点にあります。それが続くと、

・正反動の反発をお尻でもろに受ける→脚で馬にしがみつく→力が入り、全身が硬くなる→正反動の反発をお尻でもろに受ける

という繰り返しにもなりかねません。乗馬では、とにかく馬の振動に影響されない安定した騎座を作ることが重要になってきます。
初めは慣れていないため、怖がって落馬するかもしれないという気持ちがあるかもしれませんが、それがなくなってきた頃には、正反動をマスターしてきっと乗れるようになっていると思いますよ。馬との距離も縮まるはず♪

速歩が出来るようになったら、次は駈歩です。
駈歩は、速歩とはまた違った反動があり、慣れないうちは姿勢をキープすることが難しいと思います。常歩、速歩はスピードがゆっくりですが、いきなり速い駈歩は出しづらく、そこから姿勢を崩してしまうことも。手前が逆になったりした時は、乗りにくいためパニックにもなります。そうならないために、先ほど書いた「上半身がまっすぐの姿勢」がここで重要になってきます。

また、自分の騎乗姿勢を録画してチェックすると、上手く乗れている人との違いも分かり、復習できるので上達も早くなります。

次の目標を持とう!

ある程度乗れるようになったら、次の目標を探すと今より楽しみが増えるかも。
オススメは、競技会への出場です。様々な競技があり、自分に合った競技を選ぶことが出来るので、ぜひチャレンジしてみては?
のんびり乗りたいという方は、「全国や世界の乗馬クラブを巡ったり、馬に関連する行事を見て周る」「自分の馬を持つ」のもオススメ。

乗馬の良い点は、自分のペースで長く付き合っていけるところです。「パートナー」である愛馬を大切に思う気持ちを忘れずに、日々の乗馬ライフを楽しんでみて下さい。