趣味を特技に!乗馬体験ビギナーを応援します
HOME >  はじめての乗馬講座 >  乗馬用語の基礎知識

乗馬用語の基礎知識

乗馬をはじめるにあたってぜひ知っておきたい、最低限の乗馬用語を紹介します。

用語を理解してレッスンに備える

このくらいの用語を知っていれば、レッスンがより理解しやすくなりますよ。

  • (きゃく)
    騎乗している人の膝から下の部分。脚で馬に指示を出すとき、「脚を使う」と表現します。
  • 扶助(ふじょ)
    騎乗者が、馬に対して指示を出すときに使う合図。主に脚(きゃく)、拳(こぶし)、騎座(きざ)が主な扶助として使われます。扶助が弱いと、馬がなかなか指示に従わないこともあります。
  • (こぶし)
    手綱を握った手のことで、扶助のうちの1つです。この拳で、馬に方向の指示やブレーキを伝えます。
  • 騎座(きざ)
    座骨や太ももの内側で体重移動を行い、馬に指示を出す扶助の1つ。
  • 副扶助(ふくふじょ)
    扶助を補うための合図。鞭(むち)や舌をチッチッチッと鳴らす舌鼓(ぜっこ)などを使います。
  • (くら)
    馬の背に置いて人が乗るための道具で、鐙(あぶみ)や腹帯とセットで使います。
  • (あぶみ)
    騎乗者が鞍に座ったときに足をかけるところ。
  • 鞍数(くらすう)
    馬に乗った回数のこと。騎乗経験を示すときに使われます。一般的には、1鞍45分程度。
  • 歩度(ほど)
    馬の歩幅。
  • 愛撫(あいぶ)
    馬の首などを軽く叩いて、感謝の気持ちを伝えること。レッスンを終えて、下馬するときによく行います。
  • 前掻き(まえかき)
    馬が、気に入らないことがあるときや、食べ物やおやつをねだるときに、前肢で地面を掻く仕草。
  • 入れ込む(いれこむ)
    馬が興奮している状態のこと。